しんまつどドッとこむ

 新松戸で生まれ育った世代が次々と成人を迎えています。言ってみれば、新松戸2世です。1世である私たち中高年は、今を去ること20数年前に最初に新松戸を訪れ、開拓者として(ちょっと違いますが)マンションや住宅を買い求めたものです。そして、2世たちは、新松戸を巣立って行くようになりました。ということで、新松戸は彼らにとっては故郷(ふるさと)なのです。1世にとっては第2の故郷かもしれませんが、2世にとってはかけがえのない土地、街なのです。たぶん、そう思います。
 さて、何もなかった頃の新松戸当時から、だんだんと建物が建ち、空き地がなくなり・・・、という過程の写真をココに紹介します。皆さんもアルバムの中にありましたら、ここのページで紹介しますので写真をお貸しください。


写真をクリックすると、それぞれ拡大表示されます。


1970年(昭和45年)を撮影したもの 西馬橋より新松戸をのぞむ

(西馬橋在住 中村ふじさん提供)  

次のページへ

関連ホームページリンク
松戸市ホームページの「松戸の歩み」写真で見る松戸の歩み
に新松戸の出来た当初の貴重な写真があります。



copyright (c) 1998-2009 Shin-Matsudo.com All Rights Reserved.